明報社

明報社トップページ > お遍路さんのアイテム

お遍路さんのアイテム

お遍路さんのアイテム
『同行二人』どうぎょうににん
四国お遍路の八十八カ所霊場めぐりのお遍路が身につける物に『同行二人』と書かれているのは、いつでも弘法大師(空海)が一緒についてまわってくださる。という意味があるそうです。そんなお遍路さんの正装の名称を紹介します。
金剛杖(こんごうづえ)
杖がお大師さまの分身で、常に一緒であり巡礼を見守りくださるもの。
昔はお遍路の途中で倒れた時、卒塔婆の代わりになるものでした。
菅笠(すげがさ)
雨や雪、直射日光を防ぐために頭に被る道具です。
輪袈裟(わげさ)
簡略化した袈裟で一つの輪に仕上げたものです。
白衣(びゃくえ)
道中衣と判衣があり、お遍路の際に着用する道中衣で、ご宝印をいただく時には判衣を用意します。
納札(おさめふだ)
各札所の納札箱に納める札。お接待を受けたお礼にも使います。
持鈴(もちすず)
鈴の音は行者の煩悩をはらい、心を清浄に導くといわれます。
ズタ袋(ずたぶくろ)
納本、納経帳やお賽銭などお遍路に必要な小物を入れる袋で山谷袋ともいいます。
数珠(じゅず)
一般的に真言宗用の数珠が多く使われておりますが、お持ちの数珠でもかまいません。
履物(はきもの)
地下足袋が昔ながらの装いですが、現在では普通の靴を使用する方が多いようです。